色々 | Memo


張飛の妻

数字で見る「張飛の妻」問題のこと。

 

西暦 200 平均寿命 約25歳 13歳は人生の52%
西暦2000 平均寿命 約80歳 13歳は人生の16%

 

なんということだ・・・。
30歳過ぎの張飛が、当時13-14歳だった夏侯氏をさらって妻にしたというロリコン伝説。
現代の感覚からすれば年の差ヘンタイ男だが、婚姻ということであれば、夏侯氏は通常だ。

 

むしろ、平均寿命25歳のところ30歳まで育った張飛は、現代の感覚では60歳ぐらいか。
日本で平均寿命が30歳になるのは安土桃山時代(1550年頃)だ。
30歳にして初老、もちろん肉体は動くのだろうが、若くはない。

 

初老の実力者が、若い盛りの女を妻にする。
割と、普通のことだな。

 

「若目のおじさんが、幼い女の子をモノにする」というおぞましい張飛ロリコン説は、時代背景を踏まえていない。

「初老のおじさんが、若い女を嫁にする」という割合世界のどこにでもある説こそ、冷静な事実だった。

 

 

政略結婚とはいえ、約45歳の劉備は、約15歳の孫尚香と夫婦になっている。
呂布が董卓の元で名を上げ、架空の美女(きっと10代後半のイメージ)・貂蝉とラブに落ちたという設定を考えれば、

張飛ロリコン説は打ち消されても良いでしょう。

 

豪腕・乱暴者・不細工・パワハラのイメージが強い張飛だから、
そこにロリコンというちょっと意外な、あるいは意外でもない要素が加わり、
面白おかしく現代に言いふらされている、というレベルだね。

 

短歌 与謝野晶子

与謝野晶子の短歌が、まるで今のアダルトポルノのようだと、君は思ったことがあるだろう。

歌集みだれ髪にある「乳ぶさおさえ 神秘のとばり そとけりぬ ここなる花の 紅ぞ濃き」。

乳房を押さえながら、性愛というMysteryの扉をそっと開いた与謝野晶子は、

そこにある濃すぎる色に驚き、喜び、身体も心もその性愛に焦がれていく。


そんな場面が容易に想像できる与謝野晶子のこの短歌を読めば、君の気持ちも分かるよ。


与謝野晶子の短歌


情熱の歌人と呼ばれた与謝野晶子、そのまま晶子の短歌は愛情の塊だ。

強烈な個性を成しているのは愛情の深さ、表現の自由さ、執拗なまでの自信。


夫・与謝野鉄幹との恋事に生涯を捧げ、性愛がほとばしった結果である短歌で生計を立て、

12人もの子供を与謝野鉄幹との間に作り、生涯数えきれないぐらい、夫婦で各地を旅する。


与謝野晶子の生活のバランスはどうなっているのだ。

12人もの子供の母ともなれば、生活は子育てに明け暮れて当然なのに、

時代の奇才というべき短歌の極地までたどり着き、文壇での地位を築く。

鉄幹との洋航、止まらない子作り、源氏物語の現代語訳、関東大震災。


晶子ほど芸の道を突き進んだ人は珍しい。

くどいが、12人も子供がいる母として生きながら、

情熱の歌人としての与謝野晶子を忘れなかったことが、

晶子の歌人としてのこだわりと才能を差し示しているように思えて仕方がない。


根っからの芸術人、性愛の中で己の感情表現を突き詰めた人、

それが情熱の歌人・与謝野晶子だって、僕はこの感動を君に伝えたい。


明治の時代に「乳ぶさ」なんて言葉をうら若い女性が短歌として世に出してしまう、

それって現代で言うフルヌードぐらい勇気のあることだって、君が思っていることも最もだ。

だから情熱の歌人という代名詞がつくぐらい、激しい性愛で短歌の境地を拓いたのが与謝野晶子だって。

 

奈良の大仏の大きさ 聖武天皇

かえすがえす、奈良の大仏の大きさには、聖武天皇の鉄の志を感じる。

743年に造る詔を出してから、実際に東大寺で奈良の大仏が完成したのは752年。

計画を経て、鋳造の工程だけで5年がかり、費用はおよそ15億円という、当時としては天文学的な数字。

奈良の大仏の大きさは14.98m。

耳の長さだけでも2.54mあるなんて、まさにビッグボーイ・奈良の大仏。


滋賀の紫香楽宮で、聖武天皇は考えていた。

どうしたら、当時の大国・中国に対して、日本文化が独自性を確立したことを示せるのか、と。

それはすなわち日本の国力を証明し、中国からの侵略から守ることにつながるのだ。


奈良の大仏の大きさ 聖武天皇


たどりついたのは、奈良の大仏の大きさ。

日本だって素晴らしい大仏やお寺を造れることが立証できれば、

「東夷」なんて差別的な呼び方を打ち払い、立派な国家として認められるはず。

聖武天皇の悲願だったのだよ、奈良の大仏の大きさは。


そんな背景によって奈良の大仏は前代未聞の大きさを要求された

天平時代には、5丈3尺5寸(16m)が奈良の大仏の大きさだったという記録がある。

これを完全に人の手作りで造った、という点に聖武天皇の強い心が顕れている


平安時代の855年、大地震によって奈良の大仏の頭部が落下、861年に修理完成。

1180年の平重衡の兵火、1567年の三好・松永の戦いで、それぞれ奈良の大仏は部分的に焼失している。


奈良の大仏の大きさ 聖武天皇


現存の奈良の大仏の頭部は、江戸時代に造られたものだし、

体も脚も途中で修復されているから、正確な大きさは数字にできなく、幾つも数字が出る。

奈良の大仏殿は、創建当時には今の1.5倍もあったという。

江戸時代の大修理で巨木が手に入らず、正面の幅を30m縮小し再建されたとか。


数奇な運命を経て、現代も奈良公園に鎮座する東大寺の奈良の大仏の大きさは、

数字でも言葉でも表現しきれない、貴重な1,250年の軌跡

どこまでも続いて行く、永遠のリレーであって欲しいと願って止まない。

 

リニアモーターカー 名古屋駅

リニアモーターカーを加えて、名古屋駅は巨大化する、肥大化する、怪獣化する。

名古屋駅⇔品川駅をたった40分で移動できてしまうなんて、魔法使いみたいね。

名古屋市民にとって東京はちょっとした郊外の街、今でいう豊橋とか浜松とか高山とか。


よく聞く話、名古屋駅の地下奥深くにしかリニアモーターカー名古屋駅は作れないから

名古屋駅の地上についてから、結局リニアに乗るまで30分ぐらいは移動と待機に時間がかかる?

それを織り込んでも、「名古屋から東京まで40分」のインパクトは心理的に絶大な効果。


リニアモーターカー 名古屋駅


問題は暗闇の中、ずっと寝ているにしては40分は短すぎる点。

大半を直線で結んでハイスピードを維持させようとするリニアモーターカー、山中のトンネルを走る。


新幹線で富士山の登場を待ちわびていたのも昔の話。

登りも下りも「E席」という窓側席を指定すれば新幹線が見えるよ・・・という通のお話も、

リニアモーターカーに変われば、そんな楽しみもなくなる。


なにしろ所要時間40分だ、車内販売が全車両を回る時間もないし、トイレだって本当に行くの必要?

ある意味、味気ない移動になるよね、暗闇の中を進む超高速モグラ電車@暗闇。

40分だから寝過ごして次の駅まで行ってしまう人が続出!と思ったけど、

始発と終点は品川駅と名古屋駅で、その先はまだまだできそうにないから、寝過ごすことはないか・・・。