Memo


土岐イオンモール

クレジットカード事業がキーだ。
小売業・流通としての勝負ではなく、まさかの総合金融事業が、土岐イオンモールの趨勢をを決めるだろう。

 

イオンカード会員(連結会員)4,000万人
なにしろ1980年にジャスコカードとして始まった長いアドバンテージがある。


土岐プレミアム・アウトレットを運営する三菱地所サイモンの三菱地所グループカードはまだ新しすぎて、

カード会員数では桁が1つも2つも違う。
三菱UFJニコスなら3,000万人のカード会員がいるが、ちょっとグループが違う。

 

 

土岐イオンモール

 


カード会員数は定義の切りとりようで数字が動くのだろうが、イオングループに強みがあることは疑う余地がない。

 

えっ、土岐イオンモールと三菱地所サイモンのプレミアム・アウトレットは、

相乗効果を狙ったWIN-WINの関係だと思っていた?

 

そんな甘いものじゃないだろう。
あれはイオンと三菱の金融勝負、舞台はイオンモールやアウトレットに置いているが、

どっちが基軸通貨・基軸カードで金の流れを握れるか。

 

イオンは金融と不動産を収益の二本柱とするグループだ、断じて流通・小売が主ではない。
表の顔はスーパーマーケット・ショッピングモールだが、懐の金の動きは異なる。


邪推だろうか、そのイオンの二本柱が次のターゲットを探して、

土岐市内で抜群の集客をしている土岐アウトレットに目をつけたという空想。


そのアウトレットでは独自のクレジットカードがあまり広まってなくて、

もしもそこでイオンカードがばらまければ大きなお金の流れを握ることができる。


そのために土岐イオンモールという陣構えをオープンして、協業するように見せつつ、

実はオープン記念としてイオンカード募集のキャンペーンを張り、

アウトレットでショッピングする客にイオンカードを握らせようとしている、という計略。

 

 

僕の脳裏では、世界の基軸通貨の利権を争うとするドルと元の勝負、アメリカと中国の通貨バトルが想像しているんだよ。

土岐イオンモールがそんな密命を携えて現れる筈はない?


ただ単に東濃にイオンファンを増やしたいがための方策・土岐イオンモールなのかな。
三菱地所カードを圧倒して、あわよくばそれを吞み込もうとする激流。。。


コストコが年会費を収益の柱とするならば、イオンはイオンカードを柱とする。
それらの柱があるから、商品自体は採算ぎりぎりの値決めができて強い。


ショッピングの基軸通貨となることを狙って、土岐イオンモールは出店するのでは?

 

コストコ守山

コストコ東京もコストコ大阪も、そんな派手な名前のコストコはないのに、コストコ名古屋にこだわるの?


いいや、そんな筈はない。
虚名を取るとは考えにくい、「コストコ守山」名前自体に果実は実っていない。
名古屋守山区の地元住民からは道路渋滞の懸念でコストコ守山の誘致反対の声もあると聞く。


もしも名古屋市がコストコ守山誘致に積極的で、私が守山区の行政担当者ならば、

コストコ守山を他の都市にはない唯一無二のコストコにするため、

コストコビジネスセンターの一部商品をコストコ守山に置くことを逆提案する。


普通のコストコが「巨大倉庫店」なら、コストコビジネスセンターは「業者用の超巨大倉庫店」だ。
アメリカ本土には20店舗前後あるが、大都市近郊にしかない特殊形態のコストコ倉庫だ。

 

だって、ヨーグルトが32ポンド=14.5キログラムでバケツ容器に入って売られていたりと、

いつものコストコカートさえもが小さく見えるレベル。

 

 

コストコ守山オープン写真

 


いくらなんでも普通の消費者にはお買い上げがきつい。
新しく飲食店を立ち上げようとする人がコストコプライスでプロ設備を整えようとする時、

 

大規模な営業を営んでいる方が相当量の仕入れをする時、そんな場合に利用するのがコストコビジネスセンターなのだ。

アメリカ本土以外にコストコビジネスセンターがオープンするのは世界初。


もちろん日本ではコストコ守山だけ、東京・大阪ではむしろコストコビジネスセンターの出店は

止めてもらうようにお願いをするのもいいだろう。


そうすると日本中のコストコファンたちの熱い視線はコストコ守山に注がれる。
普段なら、東海地方4番目のコストコ倉庫店として、さほど話題に上がらないだろうコストコ守山が。

 

ほとんど売れないだろう、コストコビジネスセンターの商品なんて、この日本では。
まぁ、コストコ守山のほんの一角だけに、そんなメガ・コストコ商品のディスプレイをすればいい。


いわゆる客寄せパンダとしての奇手。
売れ筋は通常のコストコ商品、売れないけど話題性に特化するためのコストコビジネスセンター。


そんなコンセプトをコストコ守山に仕込むのはどうだろうか。

名古屋市というブランドにぶら下がっているだけのコストコ守山ではないはず。
常滑、羽島、浜松と出揃った後に登場するならば、それだけのインパクトが要求される


そんなコストコ守山のオープニングの姿をどうイメージすればいいのだろう。
あの名古屋市内に、という装飾はするにしろ、もう1点が欲しい、コストコ守山には。

 

奈良の大仏の大きさ 聖武天皇

かえすがえす、奈良の大仏の大きさには、聖武天皇の鉄の志を感じる。

743年に造る詔を出してから、実際に東大寺で奈良の大仏が完成したのは752年。

計画を経て、鋳造の工程だけで5年がかり、費用はおよそ15億円という、当時としては天文学的な数字。

奈良の大仏の大きさは14.98m。

耳の長さだけでも2.54mあるなんて、まさにビッグボーイ・奈良の大仏。


滋賀の紫香楽宮で、聖武天皇は考えていた。

どうしたら、当時の大国・中国に対して、日本文化が独自性を確立したことを示せるのか、と。

それはすなわち日本の国力を証明し、中国からの侵略から守ることにつながるのだ。


奈良の大仏の大きさ 聖武天皇


たどりついたのは、奈良の大仏の大きさ。

日本だって素晴らしい大仏やお寺を造れることが立証できれば、

「東夷」なんて差別的な呼び方を打ち払い、立派な国家として認められるはず。

聖武天皇の悲願だったのだよ、奈良の大仏の大きさは。


そんな背景によって奈良の大仏は前代未聞の大きさを要求された

天平時代には、5丈3尺5寸(16m)が奈良の大仏の大きさだったという記録がある。

これを完全に人の手作りで造った、という点に聖武天皇の強い心が顕れている


平安時代の855年、大地震によって奈良の大仏の頭部が落下、861年に修理完成。

1180年の平重衡の兵火、1567年の三好・松永の戦いで、それぞれ奈良の大仏は部分的に焼失している。


奈良の大仏の大きさ 聖武天皇


現存の奈良の大仏の頭部は、江戸時代に造られたものだし、

体も脚も途中で修復されているから、正確な大きさは数字にできなく、幾つも数字が出る。

奈良の大仏殿は、創建当時には今の1.5倍もあったという。

江戸時代の大修理で巨木が手に入らず、正面の幅を30m縮小し再建されたとか。


数奇な運命を経て、現代も奈良公園に鎮座する東大寺の奈良の大仏の大きさは、

数字でも言葉でも表現しきれない、貴重な1,250年の軌跡

どこまでも続いて行く、永遠のリレーであって欲しいと願って止まない。

 

未来の自動車のイメージ

あれこれと、未来の自動車のイメージに想像力を働かせる時間は、なんとも楽しいもの。

それも、自動車関連ばかりで連想する未来の自動車だけではなく、

まるで畑違いの、例えば思い切って「赤ちゃんにとっての未来の自動車」を考えてみると、

そこにはいかにも斬新な未来のドライブがあることに気がついた。


おやおや、赤ちゃんにとっての未来の自動車って何かって?

赤ちゃんを背中に乗せたパパがハイハイしている姿、それが赤ちゃんにとっての未来の自動車。

もうちょっと大きくなって、パパに肩車される時が未来の自動車なんだよ


未来の自動車のイメージ


未来の自動車の原点は、自分を乗せた物体が、自動で動くところだからね。

赤ちゃんはきっとびっくりしているよ、自分を乗せたパパがハイハイで動く時。

しかもその未来の自動車は、背中の存在が大好きだから、決して背中の主を傷つけない。

温かくて優しくて、安全配慮抜群で、それでいて楽しませてくれる。


おぉ、これだ! これこそ、未来の自動車というか、自動車が必要なものを満たしているじゃないか!

人がずっといにしえから続けてきた子供のあやし方に、未来の自動車があったなんて。

ちゃんと動くこと、そこに愛があること。

それが未来の自動車の本質だと、気づかせてくれたのは、赤ちゃんとパパの未来の自動車なんだよ。


こんな未来の自動車空想に費やす時間は、有意義なもの。

最新技術に目をとられる未来の自動車談義も悪くないけど、基礎設計をしっかり積むことで、

更に僕たちの未来の自動車は、より安全に、より快適に走れるって、そんな気がしているんだ。