Memo


50年後の車の進化

50年後の車の進化、ねぇ。

そんなキーワードで検索しちゃって、あなたはよっぽど、車がお好きな方。

50年後には、車はどんな進化を遂げているのでしょうか。


未来を知るには、過去から。

逆に50年前の車の進化って、まだ車の創世記。

それが50年で、電気自動車や燃料電池車が現実性を帯びるまで進化してきたのだから、これって凄いこと。

2000年かけて、人はどれだけ進化してきたのかな?

ここ50年の進化は加速度的だけど、昔の50年の進化ってあまりスピード感はない。


50年後の車の進化


だから、次の50年に車の進化を求めようとする、あなたの心って、

人間の進化の歴史からすれば、いびつなものだよね。

と堅いことを言いましたが、将来の車、50年後の車って、僕も気になります。

僕は推測しよう、50年後の車の進化は人が運転していない、と。


あなたは高速道路に乗ると、自動ドライブモードに切り替えて、シートを倒して眠りに入る。

行き先だけセットしておけば、あとは高速道路の出口まで、

未来の車に内蔵されたコンピューターが、事故なく、高速で、正確にあなたを運んでくれる。


一般道路ではまだあなたが運転することもあるでしょう。

全くの静音となった高速道路網だから、地方や住宅街までびっしり整備されているようになっている。

最小限の人力、最大限の自動化。

人間の判断ミスは50年後にも残るから、50年後の車の進化コンセプトは、「なるべく人に任せない車」ということになる。


すごいよ、人間って。

わずか200年の間に、人力車から、コンピューター運転車までの進化を遂げていったのだから!

そうそう、車って人が運転すべきものじゃないって、そう世論が行き着いた先が、50年後の車なのだよ。

 

アメリカの未来の車

アメリカという合理・過密な車社会で考える「未来の車」とは。

日本にいた時とは、自分の発想が変わってきたのを自覚している。


一人一台、誰でも実用する (他の交通手段がない、車がないと生活できない)

走れればいい (車検はない、事故車も多い)

安全と収入が車種に反映 (普通にスピード出てるから事故った時、小さく弱い車ほど致死率高い)


アメリカの未来の車


異質なものを肌で感じていた。

仮にアメリカの地で「未来の車」とは?と人々に尋ねてみた時、「興味がない」と一蹴されるのではないか。

日本の都市部で空想遊びされる「未来の車」談義の精神は、カケラほどもアメリカに及んでいない気がする。


「一回の給油でもっと距離を走れる車 (燃費というより燃料タンクの大型化)」

「大雨、雪、霧、動物や車との衝突にもっと自分の身を守ってくれる車」

「同品質で単純に価格だけ安くなる車」


アメリカの未来の車


こんなシンプルな願いがアメリカでの「未来の車」なのではないかと推測した今の私。

少なくとも最先端技術を突き詰めた話ではない。


実用的なもの、現実味のある小改善

未来の車社会アメリカで求められているのがそれだとしたら、

輝かしいものを未来の車に投影させていた私のイメージは、灰となって消えて失せても良い。

 

リニアモーターカー 名古屋駅

リニアモーターカーを加えて、名古屋駅は巨大化する、肥大化する、怪獣化する。

名古屋駅⇔品川駅をたった40分で移動できてしまうなんて、魔法使いみたいね。

名古屋市民にとって東京はちょっとした郊外の街、今でいう豊橋とか浜松とか高山とか。


よく聞く話、名古屋駅の地下奥深くにしかリニアモーターカー名古屋駅は作れないから

名古屋駅の地上についてから、結局リニアに乗るまで30分ぐらいは移動と待機に時間がかかる?

それを織り込んでも、「名古屋から東京まで40分」のインパクトは心理的に絶大な効果。


リニアモーターカー 名古屋駅


問題は暗闇の中、ずっと寝ているにしては40分は短すぎる点。

大半を直線で結んでハイスピードを維持させようとするリニアモーターカー、山中のトンネルを走る。


新幹線で富士山の登場を待ちわびていたのも昔の話。

登りも下りも「E席」という窓側席を指定すれば新幹線が見えるよ・・・という通のお話も、

リニアモーターカーに変われば、そんな楽しみもなくなる。


なにしろ所要時間40分だ、車内販売が全車両を回る時間もないし、トイレだって本当に行くの必要?

ある意味、味気ない移動になるよね、暗闇の中を進む超高速モグラ電車@暗闇。

40分だから寝過ごして次の駅まで行ってしまう人が続出!と思ったけど、

始発と終点は品川駅と名古屋駅で、その先はまだまだできそうにないから、寝過ごすことはないか・・・。

 

セントレア名古屋 格安航空会社LCC

セントレアでLCCは就航本数を増やし、航空運賃を下げ、国内線の主役を勝ち取る。

東京・大阪に次ぐ「第3極」である名古屋のセントレアでこそ、このLCC改革は実現できる。

何故ってどうよ、成田空港や関西空港に就航したこれまでのLCCは、

大手航空会社の厚い壁に阻まれて、最大能力が発揮できていない。


セントレア名古屋 格安航空会社LCC


ほら、セントレアなら、LCCが大手航空会社よりも優位なポジションに立てる可能性が高い。

日本のど真ん中に位置することを差し引いても、まだまだ飛行機移動が定着しておらず、

地方人口の多さを考えれば、LCCが就航することを契機にセントレアが勇躍する姿が見える。


近い将来、セントレアの国内線はLCCだらけになって、LCCの構造改革が起きているよ。

それはまるで、型破りな戦ぶりで天下を取った織田信長@名古屋の英雄のように。


セントレア名古屋 格安航空会社LCC


東京・大阪圏内の空港ではできないことが、この名古屋圏内であればできる。

国際線と較べて、国内線が割高だった日本の航空運賃の常識を覆すのも時間の問題。

もっと安く、もっと気軽に楽しめる国内線の航空券は、セントレアでのLCCから始まる。


「LCC」「セントレア」がつくものならば、みんなこのサイトに集めてしまうよ。

ほとんどビジネス的に、時には感傷的に、書きつづってみせるさ、

LCCノブナガがセントレアで羽ばたいていく勇姿を。